筋トレはむしろ短時間の方が効率的!?◯秒ルールとは?

さっくり言うと

  • 筋トレは、脳にスイッチを入れるためだけの仕事
  • 効果的なスイッチの入れ方は、7秒間、筋肉に限界の力を入れること。
  • 時間は5分で充分。60分、90分というのは、長すぎる。

詳しく言うと →

詳細

トレーニングを継続していると、

「いったい、どれくらいの時間をかけるのが効果的なのか?」

という疑問が出てきます。

また、分割法などで毎日ワークアウトするにしても、
1回のトレーニングにかかる時間が長いと、
続かない原因にもなりますし、
毎日の生活の負担にもなります。

また、「土日にまとめて」
というスタイルの場合、
一般的な長さは、
1時間~1時間半くらいなのではないでしょうか?

それだと、
相当体力のある人でも、
しっかりとオールアウトするように進めていくと、

後半の種目では疲れが出てきて、
最大限の力が発揮できないということもあるものです。

それらは全て、

「トレーニング時間が長すぎる」

ことが原因なのです。

北島達也先生の解説動画です。

そもそも、筋トレの目的とは?

そもそも、何のためにトレーニングをするのでしょうか?

それは、
「短期間で、カッコよく体を変えるため。」

ですよね。

そしてそのために必要なことは、

「脳に、より筋肉が必要であるということを伝え、
筋肉を成長させるスイッチを入れる」

ということです。

逆に言えば、
筋トレをするのは、
この「スイッチを入れる」だけ
のためなのです。

よくある勘違いは、
筋肉を長時間披露させることが
バルクアップの秘訣だと思っている方がいますが、
全くの間違いです。

より多くの筋肉が必要な環境であると、
脳に認識させること
これにつきます。

どれだけ長く傷めつけても、
これができていないと、
筋肉は成長しません。

時間短縮の秘訣7秒ルール!

では、
最も効果的に脳のスイッチを入れる方法は
何でしょうか?

それは、単純に、

「7秒間、特定の筋肉に限界の力を入れること。」

これだけです。

やることはシンプル。

ただ、だからと言って、
7秒だけじゃ駄目です。

なぜなら、
いきなりパッとやって、
最大の力は出せないので、
徐々にウォーミングアップをして、
最終的にピークをこの7秒のところにもってくるのです。

なので、

準備に3~4分くらい
トータルで5分くらい。

これが、
本来一部位のトレーニングに必要な時間です。

60分くらい必要などといった説明は、明らかなウソ。

もちろん、持久力目的ならば良いです。

でも、
「体をかっこ良く、短時間で変える」
という目的からしたら全くNGなのです。

48~72時間に1回のワンチャンス!

さらに言うと、

人間が、最大筋力を出せるのは、
48~72時間の間に1回しかありません。

だから、だらだらと長くやっても、
時間の無駄なのです。

ただ疲れるだけで、
回復にも悪影響で怪我も増えます。

チャンスはワンチャンス。

例えば、
オリンピックの短距離走。

予選で余裕で走るのは、
そこで最大筋力を使ってしまうと、
決勝で最大筋力を出せないからなのです。

「長くやればいい」
は、根本的に間違い。

意味があるのは、最大の力を出す7秒間。

それを作り出せていなければ、
1時間、90分、とかやっても無駄。

効率よくスイッチを入れるためには、
5分で充分なのです。

あとは栄養

あと同時に栄養も必要です。

いくら脳に正しい刺激が入ったとしても、
材料が無ければ、何も作れません。

なので、
適切にタンパク質やサプリメントを摂取
しましょう。

トレーニング&プロテインは、
かっこいい体をつくる最短距離。

アメリカでボディービルの大会に出ていた頃は、
「いかに、効率よく、無駄のないことを、楽にできるか。」
これを徹底的に追求していました。

それは一般のダイエットやトレーニングにも応用できます。

時間は5分あれば充分過ぎるくらい。

と言って良いでしょう。

だらだらと長くやるのではなく、
最大筋力の7秒を作り出しそこに集中すること。

これは、時間短縮のためというよりも、
これが正しいやり方なのです。

本当は長時間やった方がいいのではなく、
短時間が最も効率的、効果的な方法です。

youtube動画

一言コメント

私はもともと、
朝、出社前にトレーニングをしていたのですが、
どうしても時間がかかってしまい、
もっと効率的な方法はないのかと模索していた時、
北島先生に出会いました。

以来、この7秒ルールを元にして
ワークアウト方法を改善した結果、
時間の短縮にもなりましたし、
以前よりも成果が出やすくなりました。

まじめにしっかりとやることが素晴らしいという価値観
を持つことが多い日本人には、
一見すると、
長時間疲れるまでやった方がいいと思ってしまいがちですが、
そうではなかったのです。

それでもやらないよりはましでしょうが、
7秒を意識し、集中するだけで、
もっと効果が出るのです。

また、
以前こんな話を聞いたことがあります。

「私は今、筋トレしてるから」と言って、
電車で席が空いているのにずーっと立っている一般人の横で、
ボディービルダーは座っている。

中途半端な負荷を長時間かけるのは、
持久力をつける目的ではいいですが、
筋肉を発達させる意味では、
もっと大きな最大限の力を一時的に出して、
その後「休む」。
このメリハリが大切なんだとつくづく思います。

コメントを残す