筋トレ・ダイエットのための「正しい朝食」とは?

さっくり言うと

  • 「朝からガッツ食べる」は非常に危険!!!
  • しかし、タンパク質を摂取することは必要。
  • 朝食を食べないでプロテインがベスト!?

詳しく言うと →

詳細

ダイエットやトレーニングをしていると、

「朝食をどうするか?」

という疑問というか問題というかが
必ず出てきます。

「朝からしっかり食べたほうが健康に良い」

ということをまことしやかに言う人もいれば、

「いやいや、朝食は抜いたほうがいい」

という人もいる。

はたまた、
健康のため、という観点以外にも、

朝は時間がないので、
ゆっくりしっかり食べている時間が取れない。

という場合もあるでしょう。

そんなときは、
朝食は取らなくていいのか?
むしろ取らない方がいいのか?
果物を取るべきか、野菜を取るべきか?
野菜ジュースにして飲むべき?
プロテイン?
そんな疑問に答える北島達也先生の
VODEZA公式動画です。

朝は、胃腸への負担が少ないものを。

「朝食はしっかり取ったほうが健康に良い。」

という専門家が多いです。

そしてこれが一般的に広く言われている常識に
一番近いのではないかと思います。

しかしながら、
朝から沢山しっかり食べるというのは、危険です。

確かに、エネルギー的には
「朝にその日に使うエネルギーを補充する」
という観点は間違っていないのですが、

起きてから間もない時間に、
しかも時間の無い朝に急いで
無理にたくさん食べてしまうと、

「胃腸に負担がかかる」

のです。

トレーニングして体を作る鍵、
素材を吸収するのは胃腸です。
その胃腸に付加をかけるというのは、
好ましい行為ではありません。

同様の理由で、
生野菜も好ましくありません。
朝食で野菜を取るのであれば、
温野菜など、負担の少ないものにしましょう。

ケトン体ダイエットには、糖質も控える。

ダイエットの基本は、
筋肉をつけて基礎代謝を上げ、
ケトン体を用いて脂肪を燃焼させて
エネルギーに変えるという方法になります。

なので、朝は特に、
糖質も控えた方がいいのです。

なぜか?

それは、
長く糖質をとらないことによって、
ケトーシス状態と呼ばれる、
脂肪を消費してエネルギーを作り出す状態が保たれ、
そうすると、
足りない分のエネルギーをケトン体を介して
脂肪を燃焼することによって賄うので、
ダイエットに繋がるのです。

なので、朝から甘いものを食べるのは止めましょう。

ただし、
糖質制限ダイエットを続けていくと、

夜中に、どーしても何か食べたくなることがあります。

これはズバリ、これ以上糖質が入ってこないと、
脂肪を使いますよ、ケトン体を使いますよ、
というサインの様なものです。

逆に言うと、糖質制限をしていたとしても、
この状態になる前に、甘いモノを食べてしまうと、
(厳密には、全てが、「甘いモノ=糖質」とは限りませんが。)
全く意味が無いということでもあるのです。

ですから、そんなときは、
我慢して寝てしまい、そして朝がっつり食べる。
そのがっつりならまぁ OKかなということです。

この場合
朝摂取した分は、脂肪としてたまらず
エネルギー源として使われるので、
太らないそうです。

そうはいっても、タンパク質は是非摂取したい。

そうは言っても、
トレーニング、ダイエット、
どちらの場合でも、
筋肉を作ることは重要です。

なので
その原料となるタンパク質は、
積極的に摂取したいところです。

特に、朝は、
寝ている長い間タンパク質が補給できていない状態ですので、

卵や牛乳など、タンパク質の多い食品
を摂るといいでしょう。

また、先に述べた胃腸への負担や、
朝という限られた時間であることを考えると、
プロテインの摂取も有効です。

特に、「ミールリプレイスメント」
という部類に分類される、
プロテインだけでなく他の栄養素やサプリメントも配合された、

呼んで字のごとく、
「食事を置き換えるもの」
は、朝食の代わりに最適です。

時間も短縮できて、
胃腸への負担も少なく、
それでいて必要なタンパク質は多く摂取できるので、
これが究極の朝食でしょう。

youtube動画

一言コメント

北島先生の「正しい朝食」に関するビデオです。

朝食については、諸説あり、
よく聞くのはやはり、

「朝食を抜いてはいけない」

というものですね。

しかし、
胃腸への負担ということはあまり考えていませんでした。

私はこれまで健康のためと思い、
しっかりと毎日朝食を食べることを心がけていましたが、

結局時間がなくてドカ食いになってしまったりで、
負担が大きかったのかもしれません。

これを見てから、
朝食をアルティメットプロテイン(ミールリプレイスメント)
に切り替えてみました。

(単純・・・笑)

そしたら時間に余裕もできるし、
お腹の調子も良いし、
それでいて、
朝食を抜いているわけでもなく、
罪悪感もない。
(「朝食を抜く = 悪い」というイメージが刷り込まれているため、
これまでは、朝食を抜くことに対する抵抗があった。)

いやー、今のところ好調です!

ありがとうございます。

コメントを残す