ウエイトトレーニングは効果的なストレス解消方法だった!

さっくり言うと

  • 筋トレのストレス解消効果は一番持続する
  • 超回復の期間は代謝が高まりアドレナリンも増える
  • 仕事のストレスは筋トレで発散するのが一番

詳しく言うと →

詳細

筋トレが効果的なストレス解消方法だというのは驚きでした。
しかも科学的な根拠もあるんだとか…

筋トレのストレス発散効果は一番持続しやすい

運動するとすとれす発散すると言って定期的に運動されている方がいらっしゃるのですが、ウェイトトレーニングもそういった効果は見られるのですか?

ウェイトトレーニングはですね、ストレス解消に一番良いと言われているんですね。一番良いって言うと「好きだから良いんじゃない?」って言われると思うんですけども、科学的にアメリカでも学者さんがデータを録ったりして、読書であったり有酸素運動であったりウェイトトレーニングを比較して検証した場合に、どれもすとれす解消するのですが、好きな映画を観たり、読書したり、有酸素運動でもストレスは解消します。ただ、ウェイトトレーニングは何が違うかと言いますと、トレーニングをした後にストレスを解消してる時間が一番長いんです。

超回復の期間は代謝が高まってストレスが溜まりにくい

それには科学的な理由がありまして、筋肉というのがどうして発達するかという凄い簡単なメカニズムで超回復と言う原理があるのですが、超回復と言うのは筋肉にウェイトトレーニングによってすとれすを与えるわけですね。筋肉を疲れさせてダメージを与えます。それが大体48~72時間後に完全に回復するのですが、その回復がダメージを受ける前の状態よりも上回った回復をしており、回復を超えているので「超回復」というちょっとふざけた様な名前なのですが、超回復という大前提があるので。
 という事はウェイトトレーニングを1回やっただけで、48~72時間身体の方はそれに向けて回復しようとしてずっと働いているので、つまり何かしらの代謝が高まっている訳です。そうすると代謝が高まっている間にストレスが溜まり辛い事で、1回トレーニングをしただけで長期に亘ってすとれすが解消する場合が多いという事です。

常に代謝が上がることによってアドレナリンが出ていますし持続も長いのと、ストレスの原因と言うのはどこにすとれすが掛かっているかという優先順位の問題がありまして、脳の方が疲れていたら、体を疲れさせればこっちの疲れが癒される・忘れられるという事ですね。

仕事でストレスが溜まる人ほど筋トレを

痛みなどでもそうですが後から来たものが優先されて、それが回復に時間が掛かれば、体の回復に時間を掛けるために脳の方のストレスを感じなくなります。
 例えば、嫌なことがあっても他の事がビックリする出来事でしたら、そちら気になり前の事を忘れちゃうじゃないですか、それがビックリする事が一瞬でビックリしなくなるようでしたらまた嫌なことを思い出しちゃうじゃないですか、ですが前に嫌な事があってビックリする事があって、それがずっとビックリしていてたら嫌な事は思い出さないですよね。
 その様な感じで、筋肉を1回ウェイトトレーニングしてあげますと長時間に亘って回復に時間が掛かりますので、後から来たこのすとれすがずっと体に影響を及ぼしているため精神的なストレスに戻る時間が長いと言うデータが出ているんです。

「精神的にストレスが溜まって仕方ないや」という人は、騙されたと思って5分程ウェイトトレーニングを行ってもらうと、かなり長い間精神状態が、気分が変わってストレスを忘れられると思います。

気分も良くなり、体も良くなり体力もつく、週2回5分で言うとずっと代謝してる状態になります。週2回くらいやってもらいと言うのは、代謝を考えた時に週2回くらい真剣にちょっとの時間やってもらえれば、ずっと身体はリフレッシュされたような状態で精神的にも健康維持として良いかなというので、週2回くらいやってほしいと僕は思います。

youtube動画

一言コメント

そう言われてみてよくよく考えてみると、
確かについトレーニングをサボってしまっている時期よりも、
きちんと少しずつやっている時の方が、
筋肉痛などの体の疲労はありますが、
それが心地よく、ストレス解消につながってるなあと
あらためて実感する次第です。

体も鍛えられて気分もすっきりして、良いことずくしです。

コメントを残す