筋トレ後プールのトレーニング方法は効果がイマイチ!?

さっくり言うと

  • 脂肪燃焼やダイエットが主目的ならば水泳は適さない
  • 腹筋バキバキとかにしたいなら、ウエイトトレーニング
  • 筋トレ後すぐだとオーバーワーク気味に

詳しく言うと →
ただし、スピードを競うような水泳選手の場合は、
筋肉のつけすぎは逆効果の場合もあるようです。

それよりは、スタートやターンなど、
まずはテクニックで簡単にスピードアップできるところから
改善したほうが良さそうです。

↓Click 詳細はクリック

詳細

今ですね、筋力・ウェイトトレーニングをしているんですけれども、
その後にプールでのトレーニングをすることは駄目でしょうか?
目的として今現在、脂肪燃焼と筋量と両立で考えてやっていますが、
このやり方は間違っていますでしょうか

水泳は、脂肪燃焼にはあまり適さない。

まずですね
脂肪燃焼が目的であれば水泳っていうのはあんまり適さない運動ではありますね

どうしてかって言いますと水泳をやる上で水泳に適した体に進化していくんですけど
体脂肪があまりにも落ちてしまうと泳ぎ辛くなるんですよね

腹筋バキバキっていうところまでいきたいんであれば
ちょっと水泳は難しいのかなっていう
逆に邪魔をしてしまいますね

実は僕も
僕小学校の時に水泳選手だったんですけど
やっぱ水泳が好きでたまに減量したときなんかに
プールに入ったりとかするとめちゃくちゃ泳ぎづらいんですよ
やっぱり沈んでいくんで
前に進まないで沈むって感じで
プールの中で普通の人ってプールで黙っていると
浮いてくるのに、
僕の場合はもう普通に水中に座って座禅とか出来ますから

まったく浮いてこないですね
極限まで脂肪を落としちゃうと

ですから脂肪燃焼のためであれば
あまりお勧めは出来ないですね

結局脂肪が落ちてしまうと
どうしても水泳をやる方としては妨げになるので
その競技に適さない体には進化は絶対していかないので
やっぱり水泳をしやすい体にっていうことで
ある程度の脂肪は
だから腹筋がうっすら割れてバキバキまでいかない
ってところまではいくと思いますけど
それ以上はなかなか難しいですよね

ウェイト + プールは、オーバートレーニング気味。

水泳自体ちょっとウェイトトレーニングとやったら
体力を使いすぎるのでオーバーワークになってしまう
結構筋肉使うんですよ水泳って
全身使うイメージがありますよね

特に平泳ぎとか実はすごい胸の筋肉と肩の筋肉使うんですけど
例えば胸の筋力トレーニングやった後に
平泳ぎをやってしまうと
オーバーワークっていってやっぱり使いすぎで
筋肉が回復しなくて細くなっていっちゃうので
水泳は分けて考えた方がいいですね
ですからウェイトトレーニングやらない日にやるとか
ダイエットの目的として考えない方が
脂肪燃焼目的っていうよりは楽しんでやってもらえれば
僕も水泳好きなんでやったりとかしますけど
あとは足にビート板挟んでクロールやったりとか
浮力をもたせることによって
多少元々浮力がある状態でやってるから
脂肪が落ちることを妨げないって可能性はありますけど
本来でも泳ぎやすい体型に近づいていくと思うので
やっぱり脂肪をどこまで落とすのか
ってレベルにもよりますけど
極限まで落としたいのであれば
水泳はあまりお勧め出来ないですね
あとはやるタイミングも
ウェイトトレーニングをやった直後だと
ウェイトトレーニングとオーバーワークになってしまうので
ウェイトトレーニングをやらない日に
やった方がいいと思いますね

それかものすごい水泳の能力が高ければ
ビート板を足に挟んでクロールとかだったら
ほぼ筋力もつかないでゆっくり流して泳ぐことができるので
リラクゼーション効果にはなりますけど
そこまでのためにはかなり水泳が上手くないと難しいので
一般的に考えたところトレーニングの後は
やめておいた方がいいかなっていうのが正直なところですね

運動不足解消には良いけど・・・

水泳っていうのは
例えば少し負担が掛かりづらくて全身の運動になるので
運動不足解消にはいいって言われていますけれども
目的の度合いですよね
どのくらい脂肪燃焼を期待するのか
どのくらいの仕上がりでどのくらいの筋量を目指すか
筋量は多くて脂肪が少ないっていう体型は
水泳には適さない体型なので
ある程度中くらいの脂肪が残っててよくて
ある程度の筋量でいいっていうのであれば
水泳も充分お勧めできますけど
目的に合った取り入れ方っていうのが大事ですから
もし脂肪燃焼っていうことを考えているのであれば
あんまりお勧めは出来ないですね

youtube動画

一言コメント

水泳って、なんとなく健康に良さそうなイメージありましたが、
筋トレとは相性悪いんですね。

確かに、
「環境に適応する体に変化する」
という原則から考えれば、
脂肪を極限まで減らした浮きにくい体というのは、
あまり理想とは言えないですね。

私の場合は、ジムにはあまり行かず、
自宅で自重+ダンベルなどを使ってやっているため、

そもそもプールに行かなくては行けない次点で
ハードルがあるのですが、

ジムなどでトレーニングした後で
プールがついていたりすると、
せっかくなので泳ぎたくなる気持ちも分かります。

でもあまりやり過ぎると、
「少しは脂肪を残さないと浮けないよ」
という刺激になってしまうんですね。

コメントを残す