努力しなくていい筋トレ

さっくり言うと

  • 筋トレに、努力は必要ない。
  • コツコツやらなくていい。
  • 一瞬に最大の力を出して、速く終わらせる。

詳しく言うと →

詳細

筋トレというと、どうも

「すぐには結果が出ないから、
 コツコツと地道に続けていくもの」

みたいに思ってしまいがち。
そして、途中で嫌になって、なかなか続かない。

でも、どーやら、本当はそうでもないらしい。

世界で活躍するボディービルダーが言うんだから、
間違いない。。。

トレーニングのやり過ぎ

「僕なんですけど、筋トレですね、毎日1時間、最低、多いとき2時間ですね、毎日トレーニングしてるんですけど、なかなか思った効果が出ないんですけど、なんでですかね。」

「それはですね、やりすぎですね、単純に言って。日本人の人が、一番陥りやすいミスなんですけども、ウェイトトレーニングは鍛練と考えて頑張れば頑張るほどいいとか、努力したら報われるとかっていう風に思って、我慢強いから、実はそこでトレーニングの効果が出なくなっちゃんってるんですよ。でももしみんなが考えるほど、鍛練鍛錬っていう感じで努力しなきゃ発達しないのがウェイトトレーニングだったら、アメリカでなんであんなに流行ってるんですかってことになるんですよね。まぁ、アメリカ人の性格をひとくくりにまとめちゃうのはよくないとは思うんですけど、皆さんが想像するアメリカ人が日本人より地道に忍耐強く毎日コツコツやるのが好きかって言ったら、それが好きじゃないくらいのことはなんとなく想像つきますよね。実際でもそのアメリカ人がそれこそアメリカのギャングだろうと囚人だろうとトレーニングしてるぐらいじゃないですか。でもなんで、そんな鍛錬で大変なことをアメリカで流行るかっていうことなんですけど、実際やればやるほどいいじゃなくって、好きな時に好きなことだけやってる方が効果が出るから、実はアメリカでうけるんですよね。で、性格的に言えば、忍耐強い人よりも短期でワガママな人の方がウェイトトレーニングの効果は出やすいですね。」

太くなる筋肉は、実は…

そうです。結局トレーニングって長くやったら効果が出ると、思っちゃう人多いと思うんですけど、トレーニングで筋肉の力を付けたり太くするっていうことは、速筋繊維っていう速さと一瞬の力が出せる筋肉ですね、それが太さを持ってるってわけなんで、速い筋肉が太くなるんですよ。で速い筋肉って書いて速筋って読むんですけど、その速い筋肉を鍛えるってことは、時間を長くしちゃいけないんですよ。で、逆に長く鍛えるとどういう筋肉が育つかっていうと、遅筋て呼ばれる遅い筋肉、マラソン系の筋肉なんですね。ですからマラソン選手って、マラソン選手でも速く走ってるんで若干太いですけど、100mの短距離の選手よりも圧倒的に足が細いですよね。100mの選手っていうのはもうすごいいい体してるじゃないですか。で、マラソン選手って細いですよね。でも、短距離の選手って10秒間本気で走るだけであの体が必要なわけなんですよ。それに比べて長距離の選手っていうのは2時間走らなきゃいけないけどあんな細いんですよ。それをトレーニングに置き換えると、2時間トレーニングすると細い体になって、10秒で挙げられる本気の重さを挙げたら太い体になるって話なんですよね。ですから短ければ短いほど、太い筋肉が作りやすい。

チャンスは1回!

結局、考え方をちょっと変えてもらってですね、日本人は鍛練っていうことで耐えすぎちゃうんで、筋肉を鍛えるっていうのは、チャンスはほんと1日に1回しかないんです。1回トレーニングがダメだったら、もう1セットやればいいやってもんじゃないんですよね。その時にたとえば短距離の選手っていうのは、よく100mの予選で本気でメダル狙ってる人って、本気で走んない人とかいますよね、予選。でなんか、余裕ぶってて、不謹慎じゃないかって思う人もいると思うんですけど、あれは実はそうしないと勝てないからわざとやってるんですよ。予選があって本選が同じ日にあったとしたら、実は最高のタイムって1日1回しか出せないんですよね。で1日1回しか出せないから、それを決勝に用意するために、予選を本気で走らないんですよ。ていうことは、トレーニングにも置き換えても、速筋繊維を鍛えることって本気で鍛えることは、1日1回しかできないんですよ。1セットのトレーニングで、本気が失敗したら2セット目やればいいやってもんじゃないんですよね。ですから3セットとかやるにしても最初の1、2セットはウォームアップでテンション高めていって、最後の1セットを本気を出して、その本気がちゃんとできてれば、トレーニングの効果はありますが、それが本気がちゃんとできてなかったらトレーニングの効果はなしで、その先やればやるだけいいてもんじゃない、やっても意味がなくなっていくので、時間じゃなくってどれだけ集中するかなんですよね。

短く集中できればできるほど、いいっていうことです。逆に簡単に言えばトレーニングは短ければ短いほど効果が出やすい。

「じゃあ僕の2時間は無駄だったってことですね。」

「まあ2時間やったってことは細くなるためのトレーニングですね。まあ細くなるからって言って、脂肪が燃焼するわけでもなく、時間長い時間やったら今度は燃費が悪い、あ、燃費がいい、軽自動車みたいな体になるんで、食べたらすぐ太る体型になるんで、長くやったら痩せやすくもない太りやすい体質になって筋肉も太くならないんで、無駄だったのかなっていう、はっきり言って無駄だったかもしれないですね。それよりも1日10分とか5分、10分、15分ぐらいのトレーニングをガツンと集中して週2回くらいやってれば、今頃もう全然見違えるような体になってますね。」

youtube動画

一言コメント

私はどちらかというと、
コツコツと続けるのが嫌い、
というか、だいたい途中で続かなくなって
止めてしまうタイプなので、

努力しなくていいというのは嬉しいですね。

そんな私でも、
今も筋肉トレーニングを日々しているわけですが、
1回にかける時間は本当に短くなりました。

思い起こすと、
マッスルキャンプに従って、
楽しめるメニューに変えていったのが、
今も続いている一番の要因です。

北島先生、ありがとうございます!

コメントを残す