アドレナリンを放出して最高のトレーニング結果を得る方法!

さっくり言うと

  • 音楽や映像などで、気分を高揚させる
  • ながらトレーニングはNG
  • フォーカスではなくコンセントレーション

詳しく言うと →

詳細

北島先生は、アドレナリンをだしてトレーニングするといいと言いますが、具体的にどのようにすればいいですか。
現状私は、とりあえず気分の向上する音楽聞きながら鍛えたりだとか、あとは、テレビを見ながら鍛えてたのでそれをもっと効率的にする方法があれば教えていただきたいなと思っております。

無酸素系のトレーニングで“ながら”はNG

まず、アドレナリンを出すということは意外と簡単なことで、気分が高揚するような音楽を聴いたりとかそれで十分ですし、あとはコーヒーが好きな人はコーヒー飲んだりとか、あとは、トレーニングの前にちょっとアクション系の映画を見たりとか、あと、好きな格闘技とかスポーツを見たりとかということで十分アドレナリンは上がりやすくなるので、ただ、テレビを見ながらとかっていうのは最悪な話なので、よく、ながらトレーニングとか言う人がいますけど、無酸素系の筋量アップしたいトレーニングでは、ながらトレーニングは一切やっちゃいけないですね。どこまで、集中できるかっていうのがポイントでしかも、短くやるわけですから別に、ながらやる必要がないんですよ。5分とか10分で終わるのに、ながらトレーニングっていう人は長くやることが前提なんですよね。だからながらでなにかをやりたくなるっていう、なにかテレビを見ながら1時間トレーニングしましょうっとかってなっちゃうんですよね。そもそも、無酸素系の運動で筋量アップしたかったりする場合は、時間の長さはとにかく短ければ短いほど効果が出て、しかもその、どこまで突き抜けた信号を送れるかということですから。他に集中するなんていうのはもっての外ですし、どれだけ短くするかなんですから、ながらをする必要がないんですよね。ながらトレーニングが良いって人はもう、最初っから1時間だらだらやるつもりで、そういうことを進めてるわけで、根本的に無酸素系の運動ではありえないですね。

テレビ見ながら有酸素運動っていうのはいいと思いますけどウエイトトレーニングでテレビ見ながらは、もうありえないですね。
アドレナリン出す事においては自分のテンション上がるものに関するという。
そうですね、それだけで十分アドレナリンは上がるので、あとはどれだけ集中してアドレナリンを出せるようにするかってのは、訓練なので集中力を高める訓練はした方がいいですね。毎回毎回トレーニングで集中しようとしてれば、それが訓練になりますから。

2つの集中。コンセントレーションとフォーカス

まぁ、集中って言葉が日本語に一個しかないから、やっぱりわかりずらいんですけど、そもそも、集中って言葉の意味は英語2種類に分かれてるんですよね。一個は集中ってフォーカス、カメラとかのフォーカスと一緒で、視覚的な集中、もう一個はコンセントレーションっていってコンセントレーションってのが、精神的なものも含めた統一された集中なんですよね。ですから、コンセントレーションを高めることがトレーニングの成功につながるので、フォーカスしちゃいけないんですよね。

コンセントレーションを高めるのがトレーニングの質を高めることになるのでそこを中心に考えてもらえれば、ながらトレーニングはおのずとなくなってきますし、長く時間をやるってことを前提にしなければそんなこと、そもそも生まれてこないので、コンセントレーションして早く終わるように、早くレッドゾーンまで突き抜ける様な重さのしげきを入れてあげるっていうことで、防衛本能刺激して筋肉が太くなるで、それをちゃんと実践してくれれば大きくなりますね。

youtube動画

一言コメント

集中、は英語で2つというのは、
面白いですね。

フォーカスはただ注目すればいいので、
簡単に出来ますが、
コンセントレーションは、
上を目指せばかなり追求していけそうなほど、
奥が深そうですね。

ただ、その集中は、長時間ではなく、
短時間でいいので、
しっかり気持ちを作って、
トレーニングに励みたいと思います。

コメントを残す