O脚矯正筋トレは可能?インナーマッスルを鍛える効果は無い?

さっくり言うと

  • 成人であれば、筋トレで骨格はほとんど変わらない。
  • 矯正で直る範囲のO脚は、トレーニングと正しい姿勢で直せる。
  • インナーマッスルは筋肉というよりも、靭帯に近い。

詳しく言うと →

詳細

「本日もDVDご購入いただいた方からご質問いただいてます。
まず、筋トレをして骨格は変わりますか。その方自身が、O脚なのでスタイルを変えたいので、筋トレをして骨格を変えたい

あと、この方は、ほかのジムですかね、行かれて、姿勢がちょっと悪かったんで、骨盤矯正してくださいよ、とか、インナーマッスル鍛えてくださいよとか言われたんですけど、ほんとにその言い方で合ってるのか
そのあたり、よろしくお願いします。」

筋トレで骨格は変わらない。

まず、骨格が変わるか、ということですけれども、ウエイトトレーニングで、基本的に
成人であれば骨格自体はほぼ変わらないと思って結構ですね。ただ、胸郭とか、一部に軟骨が含まれているところの、軟骨が若干、年間で数ミリ成長することはあるので、何年もかければ、若干胸郭が広がったりとか、することはありますが、骨自体が成人になってから成長することはまずない、と思ってください。

あと、O脚の方が、骨の変形が治るかっていうことなんですけれども、O脚っていう方の中には、ほとんどが、姿勢が悪いことによって、立ち方の体重バランスで、O脚になってくような方が多くて、
骨自体の過度な変形というよりも体重バランスでちょっと軟骨とかを矯正してあげる程度で済む場合が多いと思うんですよね。それがもう極端に湾曲しているような骨のO脚でしたら、トレーニングをしても治らないし、あと、矯正って言ってもたぶんむりだと思うんですよね。骨の変形っていうのは。ただ、矯正で治る範囲っていうのは、姿勢とトレーニングでも治りますね。あと、あまりにも一部に筋肉がなくてすかすかに見えてO脚がめだったりとかいうこともあるので、若干の骨のゆがみぐらいだったら、筋肉で見た目はごまかすこともできますし、あとは骨というよりも姿勢が悪いことによってO脚になっている人が、結局、矯正で治せるっていうのはその範囲なので、そこはトレーニングと正しい姿勢でも治すことができます。

インナーマッスルは、筋肉というよりも、靭帯に近い。

そもそも、インナーマッスルていうこと自体を日本人はかなり間違って解釈している人が多くて、あと、結構でたらめな知識が広まってるんですけれども、インナーマッスル自体が、そもそも筋肉だって思っているのがちょっとおかしいんですよね。

筋肉は筋肉なんですけれども、ほぼ靭帯に近い状態のものですね。たとえば肩関節とか股関節ってこう、丸い骨にソケット状に入っている感じになるじゃないですか。これが靭帯により抜けないようになっていますよね。ただ、全部靭帯だと、過度な刺激が入った時に骨折するんですよね、飛び出ないようにするために。でも骨折っていうのはいまでこそ医療も発達しているのでなおりますけれども、野生では死ぬかもしれないかなり重大なケガなんですよね。野生動物が骨折したらそれが原因で死んだりしますから。そこで、過度な刺激が入った時に一時的にリリースする場所が欲しいんですよ。それがインナーマッスルが靭帯の代わりになっている場所なんですよね。ですから、インナーマッスルが、たまに過度な刺激が入った時にギュッとこう、力がぬけちゃって、関節が外れるような状態になって、骨折を防ぐのが、ほんとに究極の最悪の姿勢になった時に一回脱臼するくらいのほうが、命取りになんないじゃないですか。骨折してしまうと死ぬかもしれない。

そのためにソケット状になってって押さえてる、靭帯の中の一部がインナーマッスルという筋肉でできてて、過度な力が入った時にリリースしてくれるから筋肉である必要があるんですよね。腕を動かしたりそういう時に使うものでもなく、力が出るものでもなく、ましてやパフォーマンスを上げるのにはほぼ関係ないですね。

一時期はアメリカでもインナーマッスルを鍛えることによってケガが防げるんじゃないかっていうふうに言われてたんですけど、今はほとんどの学者が、数年にわたって対象者を調べた結果、インナーマッスルのトレーニングをしていてもしていなくても、ケガの率は全く変わってなかったっていうことで、ほぼほとんどの人は信用していないような、インナーマッスルのトレーニングって、もう結構過去のものになってますね

インナーマッスルって、たとえば腸腰筋とか、胸の中にも小腰筋といって、見えないところに筋肉あるんですけれど、そういうのインナーマッスルって誤解している人いると思うんですけど、アウターマッスルなんですよね。ただ、隠れたアウターマッスルで、インナーマッスルは完全に仕組みが違って、靭帯の代わりみたいな、ように、関節を固定するためにある筋肉で、過度に負荷がかかった時に筋肉だったら力抜けば外れるので、骨折を防ぐっていう、ただその逃げ道を作ってあげるための筋肉なんですよね。ですからインナーマッスルを鍛えて何が変わるっていうのはあんまりないですよね。
逆にあんまり強くなったら骨折するんじゃないかっていう話ですよね。本来の目的が失われちゃいますからね。

矯正で直る範囲のO脚は筋トレでも直せる。

どの程度のO脚なのかわからないですけれども、どっちみち骨が変形してるようなO脚でしたら矯正でも治らないですし、矯正で治るって言われるレベルでしたら、正しい姿勢をキープしてトレーニングすることで自然に治っていきますね。

ただ、自分でまっすぐに立ってると思ってるのがまっすぐじゃないんですよ。必ず、骨盤の角度とか、いろいろ考えて、ちゃんと体重バランスをきちんとぜんぶ、下から上まで全部考えて、立って初めて正しい姿勢で、自分がまっすぐに立っている気分っていうのは全く関係ないので、まっすぐ立ってますよって自分が思っててもちゃんと鏡とか確認して、ちゃんとと正しくたってるかっていうのを再確認しながらやってほしいですね。

youtube動画

一言コメント

私もO脚なので、筋トレで直るかどうか気になるところでした。

私の場合はだいぶ骨自体も曲がってきてしまっているので、
完全に治すのは難しいですが、

筋肉の使い方や体重バランスにも問題があるようなので、
今後、正しい姿勢でトレーニングを続けていけば、
ある程度は改善されるのではないかと、
密かに期待しております。

コメントを残す