お茶や麦茶で水分補給は危険!塩分不足で水とりすぎ?

さっくり言うと

  • 運動をしている人が塩分を控えるのは危険。
  • 喉が乾いてから水分を摂るのでは遅い。
  • スポーツドリンクは糖分も多いので太る可能性も。

詳しく言うと →

詳細

夏の暑い時期になってくると、汗もよくかき、
水分補給も必要になってきます。

また、塩分についても、
「塩分控えめが良い」と言われたり、「積極的に採ったほうがいい」と言われたり
いろいろまちまちです。

実際はどうなのでしょうか?

運動している人が塩分を控えるのは危険

水分と塩分ということについて、かなり間違えている人が多いのと、あと間違えると結構危険なんですよね。

まずスポーツ選手というのは、運動している人は普通の人よりも塩分は多く取った方がいいんですよ。

どうしてかっていうと、汗をよくかきますよね。
そして、汗っていうのはしょっぱいですよね。

ですから、汗と一緒に塩分は出て行ってしまうので、そうすると塩分がないと体の中に水分を保てなくなるんです。

浸透圧という言葉、よくスポーツドリンクとかで、一度は聞いたことがあると思うんです。なんとなく意味もわからずに。浸透圧っていうのは、結局塩分がどれくらいあれば水分を体の中に蓄えておけるのかというのが浸透圧っていう数値なんですね。血管って血液が流れるチューブ状になっているのはわかりますよね?

あの血管っていうのは、実はよく拡大してみると網目状になっているんです。網でできているチューブみたいな感じになっていて、ただの真水は網の目をくぐり抜けちゃうんです。だから血管の中にとどまれないんです水分が。で、塩分を足してあげて水の塊を大きくしてあげれば、血管の中にとどまるので、血液の中の水分が増えるんです。それが増えすぎるとむくみということになるので、塩分の摂り過ぎはむくみの原因になりますけれども、ただそんなのは数時間で解消できるし、塩分を、汗かいて塩分出して水分を摂ってあげればすぐ解消できる話なんですけど、一番怖いのは、塩分が足りなくなると、血液の中の水分がなくなっちゃうわけですから血液ドロドロになっちゃうんですよね。

水分が例えば、何かを、味噌汁がありますよね。味噌が溶けているじゃないですか。あれをずっとぐつぐつぐつぐつやって水分を飛ばしちゃったら味噌になってきますよね。要は血液が味噌汁だとすれば、ぐつぐつ煮込んで水分がなくなったら、ドロドロの味噌なんか流れなくて詰まっちゃいますよね。

ですから、運動していて塩分を取らないと血管が詰まって死んだりする可能性があるので、特に怖いのは、水摂ってればいいと思っている人もいるんですが、水摂ってても水分が、結局塩分が足りないと、摂っててもどんどん出てっちゃうんで、やっぱり血液ドロドロになるんですよ。

よくウォーキングの時にお茶とか飲んでいる年寄りとかいますよね。そういう人なんかはお茶なんかは利尿作用もあったりとかして、水分が出やすくなっている上に、塩分が全く入っていないので、ウォーキングしながらとか運動しながらお茶なんか飲んだら血液ドロドロの状態になっていく可能性が高いんで結構危険なんですよ。

水で太ることはない。

ですから運動する時は塩分は必ず多めに摂るぐらい気を付けてもらって、ですから普段の食事から塩分を控えるんではなく、塩分はちゃんと摂って、なんか例えば撮影、普通の人は撮影とかなかなかないでしょうけど、例えばこの日にすっきりしたいっていう時の前に塩分を控えたりとかその程度で全然むくみは取れるので、太るとかは一切関係ないですね、塩分というのは。

水は、水太りっていうのは、イメージで水太りっていっているだけで、太るのは体脂肪で太っているわけですから、水なんかは塩分と同時に抜けるので水で太ることはありえません。むしろ水を控えちゃうとパフォーマンス能力というのは、人間の能力はやはり低下するので、運動しても結局いい運動にならないし、代謝が悪くなるので余計に太りやすくなります。

あと喉が乾いてから水を摂る、水分を摂るんじゃ遅いんですよね。喉が乾いてからということは、喉が渇くということは、結局足りませんという信号なので、足りないという信号を出す前に人間の体の能力と言うのは抑えちゃっているんですよね。ですからいい運動を効率よくしたければ喉が渇く前に定期的に水は飲んであげる。できれば塩分を一緒に摂ってあげることで、塩を用意しててもいいし、塩飴を舐めてもいいし、特に暑い時期は塩分をある程度用意していた方がいいですね。

スポーツドリンクは、塩分は調整さえれているけれど…

スポーツドリンクの場合は、メーカーによっていろいろ仕様が違うんですけど、塩分が浸透圧を整えているものが多いので、逆に利尿作用を増やしているやつもあるんです、メーカーによっては。むくみを取るとかっていう、でもそれはスポーツドリンクとは多分書いていないはずですね。スポーツドリンクに似ているので皆さん勘違いしてそっちを飲んじゃう可能性もあるんですけど、スポーツドリンクという名前が付いている物は、ほぼ浸透圧は整っているんですけど、ちょっと糖分が多すぎて太る可能性があるので、太るのを気にするんでしたら、ペットボトルにちょこっと塩をまぜて、しょっぱくなる程度までいかなくても、十分浸透圧として足りるので、それか、塩を別にちょっと持って行って塩を舐めながらやったりとかそういうので全然解消できますね。

ポイントとしては、まず塩分は控えない。運動していれば、特に夏場の運動は塩分がすごい必要になるので、あまりむきになって塩分を、摂りすぎると体によくないですが、特に運動中の塩分は控えない

水分はこまめに、喉が渇く前に、摂ってあげるということが大事ですね。あとはよく温かいお茶を飲んだ方がいい、冷たいのは体に良くないといいますが、実際に暑い時の運動と言うのは体を冷やすために水が必要だったりするんですね。やはり熱というのは機械モノと一緒でどんどん熱が上がっていっていいわけじゃないんですよ、人間の体も。睡眠を取らなければならない理由というのも、脳を冷やすために睡眠をとったりするので、人間の体も暑過ぎるとオーバーヒートを起こすのでちゃんと冷たい水を、冷やし過ぎると胃腸に負担がかかる可能性はありますけれども、ある程度、すごく暑ければそのほうがよかったりするので

胃腸が弱くない人であればすごい冷たいものでもいいですし、胃腸が弱くてもあったかいものはよくないですよね。ある程度冷たいもので体をちゃんと冷やしてあげて、胃腸が弱いようであれば常温かそれよりちょっと冷たいぐらいの水を飲んであげるというのが大事ですね。

youtube動画

一言コメント

水分はこまめに補給するということは意識していましたが、
塩分までは深く考えていませんでした。

なんとなく、あんまり取り過ぎない方が良いような気がしていたのですが、
よくよく考えてみると、登山の時とか、塩飴とか舐めますね。

運動する場合は、汗もよく出るので、
塩分も補給しないとダメなのですね。

これからは、水分補給に加えて、
塩分補給もしっかり意識していきたいと思います。

コメントを残す