「筋トレでスピードが落ちる」は嘘!?

さっくり言うと

  • 筋トレで、スピードは早くなる。
  • マラソン選手は細いが、短距離の選手はみんな太い。
  • 体重バランスが悪いと、ただの重りに。

詳しく言うと →

詳細

よく、

「筋肉をムキムキにしすぎると、スピードとか俊敏性が落ちる」

みたいなことが言われますが、
これって本当なのでしょうか?

短距離の選手は筋肉が太い!

それはですね、逆に動きは速くなります。
持久力はなくなりますけども、動きの速さと力の強さは、
もう確実に、太いほうが速く動けるし、瞬間の力も増えます。
それが太くなる筋肉ですから。

一番いい例がですね、
マラソン選手と短距離の選手の筋肉の太さを比べてもらうと、
わかると思うんですけど。

マラソン選手って細いですよね。
それに比べて、世界で一番動きが速いと言われているような、
短距離の100メーターの金メダリストたちって、ガリガリの人見たことあります?

みんな太いですよね。
特に一番使う脚なんかすごい太いし、上半身すら太いですよね。
世界で一番足が速い人たちが、日本人の平均より遥かにすごい体で。

一般の人はあそこまでいけない人も多いかもしれないし、
あそこまで望んでないと思うんですけど、あの体までは。

あれだけ太い人が速いっていうことは、少なくとも、
金メダリストの速さでは、素質があれば走るってことですよね。

ってことは、世界一の速さの人も太いってことなんですよ。
太い筋肉が、速い動きができないっていうのは、
短距離の選手が速く走れるっていうことを見れば、
完全否定できると思うんですよね。

速筋線維と遅筋線維

「なるほど。ドラゴンボールで悟空が筋肉が増えすぎて、スピードが遅くなった。あれは物理的に違うってことですね?」

「そもそもマンガですし、動きが速い悟空の体型を超えられる人がまずいないでしょうね。
体重が増えすぎたっていう悟空の体型には、多分人間なれないと思うんで。
だいたい地球人でもないし、話が違ってくると思うんですけど。

太くなる筋肉って速筋線維っていう名前なんですよね。速い筋肉なんですよ。速く動ける筋肉が太いんですよね。そもそもが、速く動ける筋肉イコール太い筋肉で。

細い筋肉って遅筋って書くんですよ。遅い筋肉って書くんです。
遅くしか動けない筋肉が細い筋肉なんですよ。

だからみなさん、すごい大きな勘違いをして、
イメージだけで、筋肉が太いと動きが鈍いんじゃないかとか思ってますけど、
実は細い筋肉は速く動けないし、太い筋肉は速く動ける。

それは生理学的にも常識になっていることですし、
遅筋速筋っていう名前からしても明らかになることですね。

体重バランスが悪いと逆効果なので注意

ただ、日本人の場合は、体重バランスが悪くて、
そのままウエイトトレーニングで筋肉を鍛えてしまうと、
実際に運動に使わない筋肉だけが太くなる人っていうのは多いんですよね。

そうすると、ただのおもりにしかならないので。
それでウエイトトレーニングを間違った知識でやった人たちが、
動きが鈍くなったのを見て、動きが遅くなるって、
日本のトレーニングやったことある人とか、知識がないトレーナーが
言ってる可能性は高いです。

それに比べて、欧米では元々ちゃんと動ける体重バランスになっているので、
ウエイトトレーニングをなんにも考えないでやっても、
どんどん動きが速くなってくるので、
欧米ではそういう話はまず出てこないですね。」

「生きた筋肉っていうか、自分がやりたいことに対して、
正しい筋トレをすれば、速く動ける筋肉が育っていくっていうことですね?」

「そうですね。
生きた筋肉っていうか、筋肉の種類としては速筋と遅筋っていう、
大きく分けて二つしかないんですけども、

速く動くためには速く動ける太い筋肉を育ててあげて、なおかつ、
体重バランスを、農耕民族の体重バランスから
狩猟民族の体重バランスに変えてあげることによって、

運動で使われる部分がウエイトトレーニングによって刺激されて太くなるので、
直接動きは速くなります。

自動車で例えると…

例えば自動車とかに置きかえて考えてもらえばいいと思うんですけど、
自動車のエンジンを大きくすれば速くなりますよね。
スポーツカーがエンジン大きいじゃないですか。

例えば、走るのに全然使えないところにエンジンをもう一基置いておいたら、
重さの分だけ遅くなりますよね。

ただ、走るために使うエンジンを大きくしてあげれば、
速くなって当然なんですよね。

ですから、軽自動車とスポーツカー、どっちが速いかって言ったら、
やっぱりスポーツカーのほうが、超高級スポーツカーだったら速いわけですね。

例えば、どう頑張っても、
380ccのエンジンじゃ3000ccのエンジンには敵わないのと一緒で、
うんと速く走るためには、金メダリストのスプリンターのように太い脚が必要ですし。

太い筋肉が遅いっていう間違った知識っていうのは、
日本人の体重バランスが悪いままトレーニングをしたときに、
使えない場所に筋肉をつけることによって、
ただのおもりになってしまった筋肉が動きを制限して、
遅くなった結果を見て、間違えた知識になってますね。動きを速くしたかったら、
より重いものでよりスピーディーにトレーニングしてもらうのが、一番近道です。

youtube動画

一言コメント

速筋と遅筋、
筋トレをして太くなるのは速筋線維の方だけなんですね。

「北島式マッスルキャンプ」で言われている、
とにかく速さを追求するトレーニング方法も、
そのためなんですね。

自動車のたとえは分かりやすかったです。

早く動くために筋肉は必要だけれども、
運動に使わない筋肉がついてしまうと、遅くなる。

ということですね。

やはり「体重バランス」が肝なのかぁ~。

そんなに重要だと思って無く、
けっこう流してみてしまったので、
もう一度、「北島式マッスルキャンプ」を復習してみます。

コメントを残す